今月のHEAVY ROTATION

JOEUマンスリーパワープレイ Monthly Power Play

「やめるなら今」ヒグチアイ



今月は、シンガーソングライター「ヒグチアイ」の「働く女性」をテーマに3ヶ月連続配信リリース第3弾楽曲をパワープッシュ!

「やめるなら今」というタイトルなのですが、それは「”やめる”のをやめるなら今」というヒグチアイらしい表現の応援歌となっています!

HPはコチラ!→ヒグチアイ official site (higuchiai.com)

 

Fine Fine Music

「Land of Dreams」竹内唯人


2021年12月1日
デビューミニアルバム「XX」(トゥエンティ)より

最初で最後のXX(20歳)竹内唯人が放つ、豪華クリエイターと共に「今」を表現 した自身初のミニアルバムをリリース!

クラウン移籍後の配信リリース楽曲に加え、盟友$HOR1 WINBOYと話題沸騰中のシンガーVILLSHANAとのコラボレーション楽曲「YOZORA (feat.VILLSHANA &$HOR1 WINBOY)」の他、自身が作詞を手がけた「XX」、「Roar」、大人の恋をイメージしたアップテンポナンバーで、特徴のあるヴォーカルが映える「Land of Dreams」 等、全8曲を収録。


 

noonday pop noonday push

「サンタガール feat.にしな」WurtS


2021/12/1 リリース
1st Album「ワンス・アポン・ア・リバイバル」より
WS-0001

音楽シーンに彗星の如く現れ、次々に話題曲を発表し続けたWurtS(ワーツ)。
キラーチューンだらけの全8曲!超待望の1st Albumが完成!!
高度かつ遊び心ある韻の踏み方や、様々なメッセージが散りばめられた歌詞。
一度聴いたらつい口ずさんでしまう、耳から離れない中毒性のあるメロディー。
オルタナティブロック、ディスコ、EDM、ラップ、ポップス等、楽曲ごとに新しい表情を見せる、ジャンルレスな音楽性。
全曲どこを切ってもキャッチーなキラーチューンが揃っており、
これぞ<新世代ポップの決定版>といえる作品が誕生!
その中から、にしなをゲストボーカルに迎えたクリスマスソング「サンタガール feat. にしな」をPush!

 

Groovy Radio Caravan パワープッシュ

「SANDIE feat. さかいゆう」Michael Kaneko


(2021.12.1release)

【Michael Kaneko…?】
Michael Kaneko ( マイケル カネコ )
湘南生まれ、南カリフォルニア育ちの日本人シンガーソングライター。
デビュー前にボーカリストとして起用された TOYOTA、Panasonic の TVCM が話題となり問い合わせが殺到。FUJI ROCK FESTIVAL、SUMMER SONIC、GREENROOM FESTIVAL などに出演。
プロデューサーとして森山直太朗、あいみょん、瑛人などを手がけ、大橋トリオ、ハナレグミ、藤原さくら、さかいゆう、SKY-HI & THE SUPER FLYERS、DJ HASEBE、Kan Sano などのライブやレコーディングにも参加。
2020 年、1st アルバム『ESTERO』をリリース。
洋服ブランドとのコラボや広告モデル、音楽番組 の MC など、音楽活動にとどまらず活躍の場を広げている。

【SANDIE feat. さかいゆう…?】
これまで、さかいゆうの楽曲で英詞やコーラスで参加、またライブサポートで共演してきた Michael Kaneko。
海外ミュージシャンとの経験も多く、日本屈指のソングライターとしてリスペクトするさかいゆうとのコラボは、Michael Kaneko がリズムセクションを軸にトラックを作り、その上にスムースでありながらもグルーヴを感じるメロディーを乗せた。
そしてさかいゆうが書き上げた歌詞は、どのフレーズを取っても遊び心たっぷり。
レコーディングでは、共同プロデューサーとして、お互いにディレクション。
特に Michael Kaneko のギターソロは、さかいゆうからの課題に
Michael が宿題として持ち帰るほど、今までになかったこだわりのカッティングを披露。
まさに、この二人でしか成し得ない極上のコラボレーションをご堪能ください

ついに2021年ラストmonth~!
かっこよくグルーヴィに乗り切ってもらいたい!ということで、
極上のコラボレーションナンバーをセレクトさせて頂きました☻
最高の締めくくりにしましょう!