今月のHEAVY ROTATION

JOEUマンスリーパワープレイ Monthly Power Play

「my peaches feat.PES」INNOSENT in FORMAL


9/1配信

今月は、4人組、架空のカートゥーン・バンド”  INNOSENT in FORMALの新曲をパワープッシュ!
メンバーは、ぽおるすみす[Vocal] | TOY BOY[Drum] | ​CANDY MAN[Gt] | ​Kuni the ripper [Ba]の4人。
“和製ゴリラズ”と呼ばれて話題に。ヒップホップやロック、エレクトロニックなどの様々な要素を飲み込んだストリート色の強いサウンド、その聴くものを捕らえて離さないメロディでフロアを席捲している。

新曲は、国民的ラッパー「PES」をフィーチャーしたドライブソング!

HPはコチラ →INNOSENT in FORMAL official website

 

Fine Fine Music

「マヨイガ」羊文学



 

noonday pop noonday push

「INAZMA」NOMELON NOLEMON


22021/8/13 デジタルリリース

2017年、デビュー曲「トウキョウダイバアフェイクショウ」で早々に10万回再生=ニコニコ動画殿堂入りを果たし、2021年2月にリリースした初のアルバム「SAKKAC CRAFT」でiTunesアルバムランキング12位をマーク。最新楽曲「フォニィ」が自身最速で100万回再生を突破と、バブリーなインターネットシーンにおいて着実かつ急速にリスナー層を拡大してきたボカロP・ツミキが仕掛ける新プロジェクト・NOMELON NOLEMON(ノーメロンノーレモン)。

幾田りら等を輩出し、今最も熱い視線が注がれるアコースティクセッションユニット・ぷらそにかにも所属するシンガーソングライター・みきまりあをボーカルに迎えたデビュー曲「INAZMA」は、ツミキが得意とする轟音ギターにエレクトリックなシンセサウンドが絡み、みきまりあの表現力豊かなボーカルが厭世的な歌詞世界を増幅させるロックナンバー。
キャッチーながらひとクセあるメロディとボーカルワーク、細かいところまで聴き込みたくなるアレンジ、意識せずとも身体が動いてしまうビート!

2021年下半期の音楽シーンの話題をかっさらうこと間違いなしの新星ユニット・NOMELON NOLEMON「INAZMA」をPush!

 

Groovy Radio Caravan パワープッシュ

「未定」chilldspot


chilldspot
1st Album『ingredients』から
「未定」をPP~!
(2021. 9.15 release)

【chilldspot(チルズポット)…?】
chilldspotとは、chill,child,spot,potを組み合わせた造語。 メンバー全員 2002 年生まれの東京都出身4人組バンド。
2019年12月に結成し活動開始。 2020 年 11 月 1stEP『the youth night』を高校在学中にリリース。
2021年1月にSpotify が今年躍進を期待する 次世代アーティスト、「RADAR:Early Noise 2021」に選出、
7 月に YouTube Music が世界中の注目アーティストを支援するプログラム「Foundry」に選出され、大きな注目を集めている。
作詞・作曲も担当する Vo. 比喩根さんから自然と溢れ出すグルーヴと、異なる音楽ルーツを持つメンバー全員で形造る楽曲は、中毒性があり、一瞬で彼女らの渦に飲まれる。

【1st Album『ingredients』…?】
10 代 の全てを詰め込んだ、chilldspot のスタートとなるアルバム。

9月、新たなスタートを切る時にぜひ聴いてほしいChildspot!
大丈夫、と背中を教えてくれる1枚になっています。
メンバー全員2002年生まれということで…ますますの飛躍間違いなしのchilldspotに要注目!!!

 

カモ☆れでぃ★Night! Platinum tune

「この場所で.」bokula.


bokula.「この場所で.」
2021.09.15(Wed)Release 
3rd EP「大人になる事.」(LDSF-00004)より

今月のカモれでぃパワープレイはbokula.「この場所で.」
広島発4ピース、等身大ロックバンドbokula.
Vo.Gtえいのまっすぐな歌声、何気ない日常を切り取った歌詞とキャッチ―なメロディ、そしてみずみずしいバンドサウンドが彼らの魅力です。そんな楽曲たちとは裏腹に注目を集めているのが抒情的なライブパフォーマンス。今年4月には1stミニアルバム「いつ失ってもいいように.」をリリースするなどハイスピードでリリースを重ねています。

今月のパワープレイ「この場所で.」はライブハウスへの熱い思いをつづった一曲。
ライブハウスを取り巻く環境もいい面ばかりではなかったこれまでの日々。
その中でも確実に、一歩ずつライブハウスとともに進んできた「bokula.」の愛がこもった曲に仕上がっています。

bokula. HP https://bokula-hiroshima.localinfo.jp/