パーソナリティ紹介

大森 研一

大森 研一

PROFILE

大森 研一(おおもり けんいち)

1975生まれ 愛媛県砥部町出身。大阪芸術大学卒。

映画祭での受賞を機に『ライトノベルの楽しい書き�方』(10)の監督・脚本を手掛け、商業映画デビュー。以降、『恐怖新聞』(11)、『瀬戸内海賊物語』(14)、『ポプラの秋』(15)、『海すずめ』(16)、『やっさだるマン』(18)、『ふたつの昨日と僕の未来』(18)と コンスタントに映画を公開。最新作の21年公開映画は、自身のふるさと愛媛県砥部町が舞台、砥部焼で巨大な聖火台をつくる家族再生の物語『未来へのかたち』がある。この映画をキッカケに本ラジオ番組を担当させて頂く事となった。
愛媛県砥部焼観光大使、同県うわじまアンバサダー、同県新居浜ふるさと観光大使、広島県三原アンバサダー、香川大学大学院非常勤講師を務める。映像制作会社 合同会社ウサギマルの代表。

出演番組

「大森研一の Starting Line for the Future」

毎週日曜日20:00~20:30

Instagram、twitterなど

合同会社ウサギマルHP:http://usa.boy.jp

最新作「未来へのかたち」HP:https://mirakata.com/

大森監督Instagram:https://www.instagram.com/omorikenichi1975/

大森監督twitter:https://twitter.com/omori_kenichi

▲ パーソナリティ一覧に戻る