番組審議会

第381回エフエム愛媛放送番組審議会

1 開催年月日

平成31年1月25日(金)午後4時00分〜4時30分

2 開催場所

松山市竹原町1丁目10番7 株式会社エフエム愛媛 第1会議室

3 委員の出席

委員総数 5名
出席委員数 3名

出席委員の氏名
副委員長 真木 輝彦
二神 一誠
三原 英人
放送事業者出席者名
代表取締役社長 砂野 孝明
取締役 黒田 潤二
編成制作局部長 関 千里

4 議題

(1)課題番組「えひめまるごと5時間!!」
(2)その他

5 議事概要

 元日のお昼から夕方にかけての5時間の番組。FM愛媛のパーソナリティそれぞれがインタビューし、愛媛の心を伝えていこうという思いが詰まっていた。またそれぞれの熱い思いが伝わってきた。東中南予、バランスよく取り上げられていた。愛媛に住んでいても、知らない内容が多く、興味深かった。

  パーソナリティの小林紘子さんならではの視点で愛媛について話ができていた。愛媛に住んで少しということで、地元の人が気づかないような話もあった。おすすめのポストもおもしろかった。リスナーからのメッセージについて、もう少し掘り下げてほしかった。

  ただ、元日のお昼から放送するには、内容が真面目だった。なにかをしながら聴くには難しい内容だった。また、曲数が少なく感じた。コンセプト通りの番組になっていた。取り上げた人やものの進展についても、今後、取り上げてほしい。

6 審議内容

◎委員長
今回は「えひめまるごと5時間!!」の合評をお願いします。
◎A委員
 元日のお昼から夕方にかけて、およそ5時間の番組。「石鎚山の歌」についてのインタビューでは、市民の熱い思いや、まちづくり委員会の様々な取組みをうまく引き出せていた。今年開催のイベントについてなど、内容の濃いインタビューになっていた。またパーソナリティの小林紘子さんの趣味に合わせて、白い羽のポストも紹介されていた。次の「えひめさんさん物語」については、実際にイベントに行ってみたい、見てみたい、と思う、期待が持てる内容だった。久万高原町の取組みでは熱い思いが伝わってきた。また、マーマレード大会やバナナ、富士柿など、愛媛に住んでいても知らない内容がたくさんあった。道後オンセナート、Shima JAM2018、宇和島市でのコラボイベントなど、多くの情報が詰まっていた。
 全体として、FM愛媛のパーソナリティ総動員で作り上げられ、愛媛の心を伝えて行こうという思いの詰まった番組だった。去年、愛媛に来たばかりという小林さんならではの視点を入れながらのトークになっていた。県内のおすすめポスト特集も興味深かった。メッセージテーマの「次の時代につなげたいもの、残したいもの」のメッセージもある程度、リターンがあった。今回取り上げた方々やイベントの進展についても、今後、番組で取り上げてほしい。
◎B委員
 愛媛県内の知っているもの、知らないもの、いろいろなものの魅力が詰まっていた。東中南予、愛媛県内をバランスよく取り上げていた。インタビューをしているパーソナリティはその土地に関わりがあり、理解をしつつも、再発見していくという内容になっていた。リスナーからのメッセージに対しては、一般的なものが多く、あまり掘り下げられてなかった。小林さんならではの愛媛に対する純粋な興味が伝わってきた。また愛媛県民が気づいていない視点があった。
 各インタビューだが、「えひめさんさん物語」はこれから始まる期待感があった。「鬼北町のバナナ」は食べてみたいと感じた。「道後オンセナート」については、アートの説明をラジオでするのは難しいと感じた。なかなかイメージがわかなかった。
 番組のコンセプトに合った5時間になっていた。車を運転しながら生放送で聴いていたが、なにかをしながら聴くには、わかりづらい部分もあった。また、車で聴くには曲が少ないと感じた。
◎C委員
 「石鎚山の歌」の新井満さんにインタビューでは、正直な気持ちを引き出せていた。「えひめさんさん物語」については、これまで知らなかったが、おもしろいイベントだと感じた。インタビューしている西条出身の高橋さんも喜んでいるように感じた。上浮穴高校の生徒たちへのインタビューでは、小林さんがラフな感じでインタビューしていた。愛媛プロレスの選手たちが出演したパートでは、代表のキューティーエリーさんの声が聴き取りやすく、地域貢献への思いが伝わってきた。もっと愛媛プロレスを見たいと思わせてくれる内容になっていた。
 5時間は長いと感じた。また内容は、お正月のお昼に放送するには堅いと感じた。愛媛県内をバランスよく取り上げているのはわかった。真面目な内容だが、知らないこともあったので勉強になった。ただ、ドライブをしながら聴くには、もう少し、ラフな内容にしてほしい。愛媛出身ではない小林さんだからこその驚きや発見を伝えることができていた。
◎事務局
次回の番組審議会の課題番組は毎週月曜から金曜午後3時10分から放送の「フジデリカ・クオリティpresentsコトバデリ」の審議をしていただきたい。

7 審議機関の答申又は改善意見に対してとった措置および年月日

なし

8 審議機関の答申又は意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法及び年月日

(1)自社放送
内容:議事概要
方法:「放送番組審議会報告番組」
日時:平成31年2月10日(日)8:25〜
(2)書面の備置き
内容:議事録
方法:本社受付に備置き
日時:平成31年2月14日(木)より
(3)日刊新聞紙等による方法
内容:議事録
方法:インターネット・ホームページ(URL http://www.joeufm.co.jp
日時:平成31年2月14日(木)より

9 その他参考事項

次回開催日 平成31年2月14日(木)
次回の議題 「フジデリカ・クオリティpresentsコトバデリ」

会社情報TOPへ戻る