番組審議会

第378回エフエム愛媛放送番組審議会

1 開催年月日

平成30年9月7日(金)午後4時00分〜4時30分

2 開催場所

松山市竹原町1丁目10番7 株式会社エフエム愛媛 第1会議室

3 委員の出席

委員総数 5名
出席委員数 5名

出席委員の氏名
委員長
副委員長
稲浦 調
真木 輝彦
二神 一誠
田村 純子
三原 英人
放送事業者出席者名
代表取締役社長 砂野 孝明
取締役 黒田 潤二
編成制作局部長 関 千里

4 議題

(1)課題番組「特別番組『Music Friday!』」
(2)その他

5 議事概要

 アイドル、ロック、ゴールデンボンバーと、それぞれが好きな人は楽しめる内容になっていた。それぞれのパーソナリティにしかできないトークが展開されていた。マニアックな内容もあったが、わからない人も楽しめるような配慮が感じられた。

 8月3日放送分では、ファンとのやり取りも多く、公開スタジオ(エミフルMASAKIスタジオ)ならではのよさを感じた。また、周りの熱気も伝わってきた。

 ただ12時〜17時という放送時間は長く感じた。他の番組が途中で入ってくるのも、間が空くように感じた。放送時間やそれぞれの主旨については、もっと考えてほしい。

6 審議内容

◎委員長
今回は「特別番組『Music Friday!』」の合評をお願いします。
◎A委員
 8月3日放送分を聞いた。一部、普段放送している番組が入っていたが、およそ5時間の生放送。放送がない時間に、パーソナリティとリスナーとの交流が出来ていることが想像できる番組だった。トーク内容はきっちりと決められているようではなかったが、大枠はテーマに沿って進行されていた。また、アシスタントが変わることより、構成にメリハリが付いた。アシスタントのヒカルさん、塩出さんとのトークも円滑で楽しく進行できていた。
 時折、リスナーさんのメッセージに対する歌広場さんのマニアックな会話が続くことがあったが、そこはアシスタントの切り返しによって、軌道修正できていた。
 歌広場さんは、5月にもエミスタから放送した、と言っていたが、「エミスタに帰って来た!」という感じで、リスナーとのメッセージも親しみを持ったコメントが多かった。夏を楽しもうと感じられる選曲が多く楽しい時間を過ごせた。
 メインパーソナリティの歌広場さんは、テレビや写真でみる容姿から想像できないほど、真面目さと心遣いを会話から感じられた。また一般の方がわかりづらい言葉も、うまく説明していて、心遣いを感じた。宝塚トーク、松本潤トークは、マニアックな中でも楽しく聞かせてもらった。
◎B委員
 7月20日放送分は、「アイドル」がテーマ。明るく陽気な進行だった。最近のアイドルに集中していたが、もっと過去のアイドルについても触れてほしかった。元ひめキュンフルーツ缶の岡本さんがアイドルになった経緯やアイドルの裏話などを話していて、興味深く聴けた。現代のアイドル好きには、楽しめる内容だった。
 7月27日放送分は、バンドマンが集まり、味のある話ができていた。LONGMANは、口数は少ないが、盛り上がっていた。「ドラムは辛いよ」のコーナーでは、ドラマーならではの話が聴けた。にぎやかで楽しい展開で、満足できる内容だった。
 8月3日放送分は、歌広場さんの話がうまく、展開が早く、おもしろかった。ハイテンションでありながら、中身の濃い話が聴けた。歌広場さんならではの話が多く、ファンは喜んでいると思うし、ファンでない自分も楽しめた。電話やスタジオの周りにいるファンとのやりとりもうまかった。マニアックな宝塚トークも、あの程度の時間なら楽しめた。最後まで好きなことを話しているように感じた。構成もしっかりしていて、メリハリがあった。
 アイドル、ロック、ゴールデンボンバーと、それぞれが好きな人には、楽しめる番組になっていたと思う。
◎C委員
 7月20日放送分では、マニアックで理解できない部分もあった。パーソナリティの砂川さんが楽しそうに話しているのを感じた。アイドル好きには楽しい内容になっていたと思う。
 7月27日放送分では、パーソナリティの中岡さんと桑原さんがまったり話していた。話がうまかった。ドラマーのエピソードが興味深かった。LONGMANも入り、番組にメリハリがついていた。ファンが聴きたいであろうコアな話もあった。
 8月3日放送分は、ファンには嬉しい内容だった。アシスタントのヒカルさんが歌広場さんに合わせているのを感じた。会場からのコメントもあり、エミフルMASAKIスタジオ(エミスタ)の臨場感が伝わってきた。
◎D委員
 8月3日放送分では、歌広場さんがスムーズなトークを展開していた。ファンもたくさん来ていて、エミスタで、番組をやる意味を感じた。宝塚トークは独特で、マニアックだがおもしろかった。にぎやかで騒がしいが、エミスタらしさを感じた。
 長時間の番組なので、生放送で通して聴くのは難しかった。ラジオのリスナーというよりか、エミスタの周りで感じてほしいという内容だった。やはり長く感じたので、2時間〜3時間の方がよかったのではないかと感じる。時間の配分、番組の主旨を明確にしてほしい。
◎E委員
 番組の間に、他の番組が入ってくるのは、間が空くように感じた。内容は問題なく、それぞれの放送に、おもしろさがあった。
◎事務局
次回の番組審議会の課題番組は毎週土曜、午後8時から放送の「LIVE KIDS BOX」を審議していただきたい。

7 その他参考事項

次回の議題 「LIVE KIDS BOX」

会社情報TOPへ戻る